読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LifeBlog

興味のあることを紹介していきます。

人を動かす のまとめ

http://bukupe.com/summary/5704

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

概要

自己啓発本の原点
人を動かすための普遍の原則

内容

■人を動かす秘訣
・人を動かす唯一の方法は、相手の欲しがっているものを与えること

■人は何を欲しがっているか
 1. 健康と長寿
 2. 食物
 3. 睡眠
 4. 金銭および金銭で買えるもの
 5. 来世の生命
 6. 性欲の満足
 7. 子孫の繁栄
 8. 自己の重要感(他人に認められること
・この仲でも「自己の重要感」はめったに満たされなくて、もっとも強く渇望する気持ち

■「自己の重要感」を与えるには
・心から褒めること
・非難は絶対しない
・どんな人でも小言を言われるより、褒められるほうが仕事に熱がこもり質が上がる

■お世辞との違い
・お世辞:真実ではない、口から出る、利己的、嫌われる
・褒める:真実、心から出る、没我的、喜ばれる
・お世辞は利益ではなく害をもたらす

■強い欲求を起こさせる
・相手の心のなかに強い欲求を起こさせることが大事
・これをやれる人は万人の支持を得ることに成功する
・これをやれない人はひとりの支持者を得ることにも失敗する
・他人の立場から物事を見ることができる能力が必要

■人を動かす三原則
 1. 盗人にも五分の理を認める … 絶対に避難しない
 2. 重要感を持たせる     … 心から褒める
 3. 人の立場に身を置く    … 人の欲しがっているものを見極める
 

■自分の息子にタバコを吸わせたくないと思った時
 ×:説教
 ×:自分の希望を述べる
 ○:百メートル走に勝ちたくても勝てないということを説明する

■偏食で体がやせている息子に何でも食べさせたいと思った時
 →息子が望んでいることを考える
 →いつもいじめられているガキ大将をいつかやっつけたい
 →何でも食べるとガキ大将より強くなれることを説明する
 

感想

 

シンプルで王道的な内容です。
1937年発売なので約70年前に書かれている本ですが、現在はもちろん、今後もずっと使える普遍的な内容が書かれていると思います。
あとマズロー欲求段階説を合わせて見ると、より理解が深まると思います。